弁護士費用について

交通事故被害者のための弁護士無料相談サイトの弁護士費用には、相談者様が気軽に相談しやすいよう、以下のような3つの特徴を設けております。

弁護士費用 3つの特徴
  • 相談料・着手金は0円
  • 納得の完全成功報酬
  • 安心の弁護士費用後払い

相談料と着手金は無料

相談料0円・着手金0円
※相談は何度でも無料です。

弁護士費用は完全成功報酬制

成功報酬額は20万円+保険金の10%(税別)
※上記の費用は税別です。
※慰謝料が増額できなかった場合は費用は必要ありません。
※弁護士費用特約が適用できるお客様は費用はかかりません。
※弁護士費用は保険金が振り込まれてからの後払い制です。

弁護士費用の例

例として、以下のようなご相談があったとします。

交通事故被害により当事務所へご相談いただき、相手側から140万円支払われた。

この場合の弁護士費用は以下のようになります。

弁護士費用例
成功報酬 20万円
保険金の10% 14万円
合計 34万円+消費税

既に保険会社から示談金の提示がされている場合

既に保険会社より示談金の提示がされている場合、上記の弁護士費用ですと示談金の増額金よりも弁護士費用が高くなってしまうこともございます。

そうなりますと、お客様が弁護士に依頼するメリットがなくなってしまう為、当事務所では既に保険会社から示談金の提示がされているお客様には2つの弁護士費用プランを用意しております。

お客様にはどちらか安い方の弁護士費用プランを適用させていただきますのでご安心ください。

プラン1、成功報酬額は20万円+保険金の10%(税別)

プラン2、提示されている金額から増額できた額の1/2(税別)

※上記の費用はどちらも税別です。

プラン①の弁護士費用だと増額分より高くなる場合

例えば以下のような場合が考えられます。

既に保険会社から800万円の示談金を提示されていたが、当事務所にご依頼いただいた結果、示談金を900万円に増額することに成功した。

この場合、プラン①で弁護士費用を計算すると、

プラン① 弁護士費用
成功報酬 20万円
保険金の10% 90万円
合計 110万円+消費税

となり、示談金増額分の100万円を弁護士費用が上回ってしまいます。

そうなると当事務所へ依頼いただく意味がございません。

一方、プラン②で弁護士を計算すると、

プラン② 弁護士費用
成功報酬 50万円(増額分100万円の1/2)
合計 50万円+消費税

となりますので、当事務所へご依頼いただくメリットを感じていただけると思います。

大阪の交通事故に強い弁護士に相談。お急ぎの方は「06-6123-7756」までお電話ください。

大阪の交通事故に強い弁護士にメールでのお問い合わせはこちら

投稿日:2016年1月17日 更新日:

Copyright© 交通事故被害者のための弁護士無料相談サイト , 2019 AllRights Reserved.